〔社会思想史学会年報〕社会思想史研究 No.43

価格: ¥2,750 (税込)
[ポイント還元 110ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

  • 社会思想史学会 編
  • A5並製 232頁
    ISBN-13: 9784865782424
    刊行日: 2019/09

〈特集〉東アジアの市民社会――理論、統治性、抵抗 

東アジアの市民社会の思想史的意味を考える
〈寄稿〉梶谷懐/森宣雄/石井知章/上田悠久/高木裕貴/山尾忠弘/蔭木達也/辻康夫/篠原久/金慧/奥田敬/石田雅樹/蛭田圭/谷澤正嗣/箱田徹/山崎望/大田英昭/福家崇洋/前田俊文/高山裕二/梅垣千尋/森本あんり



目次


〈特集〉東アジアの市民社会――理論、統治性、抵抗
 中国の「監視社会化」と市民社会の役割 梶谷 懐
 国家に〈しない〉、乗り捨てる――琉球・沖縄における海域の社会思想 森 宣雄
 現代中国における「市民社会」論の展開 石井知章

〈公募論文〉
 ホッブズは「助言者」であったのか――政治をめぐる同時代人との論争 上田悠久
 カント道徳哲学における社交論の意義――礼儀作法がいかにして他者を道徳化するのか 高木裕貴
 J・S・ミルにおける女性の性格形成――シドニー・スミス「女性教育」との対比を手がかりに 山尾忠弘
 高群逸枝における「母性」概念の成立と展開――差別否定から「ともに生きる愛」へ 蔭木達也


〈書評〉
 『ロバート・フィルマーの政治思想――ロックが否定した王権神授説』(古田拓也著) 辻 康夫
 “Commerce and Strangers in Adam Smith”(Shinji Nohara著) 篠原 久
 『共和制の理念――イマヌエル・カントと一八世紀末プロイセンの「理論と実践」論争』(網谷壮介著) 金慧
 『イタリア・ファシズムを生きた思想家たち――クローチェと批判的継承者』(倉科岳志著) 奥田 敬
 『アーレントのマルクス――労働と全体主義』(百木漠著) 石田雅樹
 『思想の政治学――アイザィア・バーリン研究』(森達也著) 蛭田 圭
 『ロールズを読む』(井上彰編著) 谷澤正嗣
 『統治の抗争史――フーコー講義1978-79』(重田園江著) 箱田 徹
 『公開性の根源――秘密政治の系譜学』(大竹弘二著) 山崎 望
 『初期社会主義の地形学――大杉栄とその時代』(梅森直之著) 大田英昭
 『経済学者たちの日米開戦――秋丸機関「幻の報告書」の謎を解く』(牧野邦昭著) 福家崇洋
 『道徳哲学史』(バルベラック著、門亜樹子訳) 前田俊文
 『合衆国滞在記(近代社会思想コレクション)』(トクヴィル著、大津真作訳) 高山裕二
 『社会契約と性契約――近代国家はいかに成立したのか』(キャロル・ペイトマン著、中村敏子訳) 梅垣千尋
 『ポピュリズム――デモクラシーの友と敵』(カス・ミュデ、クリストバル・ロビラ・カルトワッセル著、永井大輔・高山裕二訳) 森本あんり



 第8回(2018年度)社会思想史学会研究奨励賞の公示
 2018年会員新著一覧(五十音順)
 英文抄録/英文目次
 公募論文投稿規程/公募論文審査規程/執筆要領/社会思想史学会研究奨励賞規程
 編集後記


ページトップへ