わが道はつねに吹雪けり 十五年戦争前夜

価格: ¥7,262 (税込)
[ポイント還元 290ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

  • 高群逸枝著 永畑道子編著
  • A5上製 568ページ
    ISBN-13: 9784894340251
    刊行日: 1995/10
  • 知られざる逸枝の精髄を初編集

    満州事変勃発前夜、日本の女たちは自らの自由と権利のために、文字通り命懸けで論争を交わした。山川菊栄・生田長江・神近市子らを相手に論陣を張った若き逸枝を、粗削りながらその思想が生々しく凝縮したこの時期の、『全集』未収録作品を中心に初編集。




    目次

    高群逸枝の扉をひらく
    永畑道子

    〈序〉 婦人戦線に立つ
    高群逸枝


    Ⅰ  性・家庭

    家庭論 断片
    生田長江
    生田長江氏の家庭論を難ず
    高群逸枝
    家庭否定論
    高群逸枝
    プロ婦人と男性批判
    拂川しほり  〔=高群逸枝〕
    無政府主義と性の処理
    高群逸枝
    質疑応答
    高群逸枝
    美人論  ――都会否定論の一
    高群逸枝


    Ⅱ 恋愛

    景品つき特価品としての女
    山川菊栄
    山川菊栄氏の恋愛観を難ず
    高群逸枝
    ドグマから出た幽霊  ―― 高群逸枝氏新発見の 「マルクス主義社会」 について
    山川菊栄
    踏まれた犬が吠える  ―― ふたたび山川菊栄氏に
    高群逸枝
    新刊良書推奨  ―― 『恋愛の道』 (コロンタイ著 林房雄訳)
    高群逸枝
    新 『恋愛の道』  ―― 「コロンタイ夫人の恋愛観」
    林 房雄
    官僚的恋愛論を排す  ―― コロンタイ夫人の恋愛観について
    高群逸枝
    無政府恋愛を描く
    高群逸枝
    自伝 わが恋の記
    高群逸枝
    恋愛と性欲
    高群逸枝


    Ⅲ 政治・教育

    婦人運動の単一体系の新提唱
    高群逸枝
    婦人よ、 非政党同盟を作れ
    高群逸枝
    婦人非政党運動に就て
    高群逸枝
    政治、 闘争的婦人など  ―― 高群氏の普選論
    神近市子
    「婦人」 の問題  ―― 神近市子氏に答う
    高群逸枝
    無産婦人運動について立場を明らかにする
    山川菊栄
    無産階級と婦人  ―― つつしんで山川菊栄女史にたてまつる
    高群逸枝
    無政府主義の目標と戦術  ―― 現下無政府主義戦線の整理に関する私見
    高群逸枝
    新精神による修身教科書の根本的批評
    高群逸枝


    Ⅳ 思想・文学

    曇り日の独白  (公開状 藤森成吉氏へ)
    八木秋子
    八木秋子氏へ  (公開状について一言)
    藤森成吉
    簡単な質問  (藤森成吉氏へ)
    八木秋子
    小ブル藤森成吉に与う
    高群逸枝
    八木、 高群両氏のアナーキズムに対する駁論
    隅田龍子
    お出でなさった  ―― 一アナーキストの宣言
    高群逸枝
    アナーキズム文芸の態度
    拂川 栞  〔=高群逸枝〕
    無産婦人は山川菊栄氏に意見の訂正を要求する
    (我国マルクス婦人の頭脳拝見・その1)
    勝池彩子  〔=高群逸枝〕
     
    貧弱なあまりに貧弱な神近市子君  (我国マルクス婦人の頭脳拝見・その3)
    勝池彩子  〔=高群逸枝〕
    如是閑長谷川の正体 (わが国男性諸君に見参・その1)
    勝池彩子  〔=高群逸枝〕
    大山と細迫と、 そしてコミンテルンと選挙法改正と
    (わが国男性諸君に見参・その5)
    勝池彩子  〔=高群逸枝〕
     
    生田花世さんへ私信がわり
    高群逸枝
    階級道徳と無政府道徳  ―― 特に婦人のために
    高群逸枝
    婦人思想史  ―― 婦人戦線1年
    高群逸枝
    歌十四
    いつ枝  〔=高群逸枝〕

    〈むすび〉 日本女子論
    高群逸枝

    解題 激しく、 仄かな女、 高群逸枝
    初出一覧
    高群逸枝略年譜
    本書関連年表 (1920-31年)
    編著者あとがき
    人名索引
    永畑道子
     
     
     
    永畑道子
     

ページトップへ