「循環型社会」を問う 生命・技術・経済

価格: ¥2,420 (税込)
[ポイント還元 96ポイント~]
数量:
在庫: 在庫切れ

返品についての詳細はこちら

twitter

  • エントロピー学会 編
  • 責任編集=井野博満・藤田祐幸
  • 菊変型判 280ページ
    ISBN-13: 9784894342293
    刊行日: 2001/4

「循環+多様性+関係」――「循環型社会」とは何か?

エントロピー学会が、「生命系を重視する熱学的思考」を軸に展開する、環境問題を根本から問い直すための好テキスト。地球環境問題を、自然科学や技術の問題にとどまらず、経済や社会の問題としても捉える、総合的な知のための教科書!





目次

本書を読むためのキーワード
はじめに (井野博満)

I  生命系と環境

 1 循環と多様性  ―― 生命系の視座
柴谷篤弘 (生物学)

 2 遡河性回遊魚がになう海陸間の物質循環
室田 武 (経済学)

 3 生命にとって環境とは
勝木 渥 (物理学)

II 技術と環境

 4 環境とエントロピー  ―― 熱物理学から
白鳥紀一 (物理学)

 5 技術  ―― できること・できないこと
井野博満 (金属材料学)

 6 環境とエネルギー  ―― 原子力の時代は終わった
藤田祐幸 (物理学)

 7 環境ホルモンと生命
松崎早苗 (化学)

III 経済と環境

 8 広義の経済学  ―― 脱資本主義過程の環境問題
関根友彦 (経済学)

 9 過剰な建設投資による財政的・環境的破綻
河宮信郎 (環境経済学)

10 地域通貨  ―― 環境調和型経済を構築するために
丸山真人 (経済学)

IV 社会と環境

11 循環と多様から関係へ  ―― 女と男の火遊び
中村尚司 (経済学)

12 コモンズ論  ―― 沖縄で玉野井芳郎が見たもの
多辺田政弘 (環境経済学)


索 引
著者紹介

ページトップへ