「アジア」はどう語られてきたか――近代日本のオリエンタリズム

価格: ¥3,300 (税込)
[ポイント還元 132ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

  • 子安宣邦
  • 四六上製 288ページ
    ISBN-13: 9784894343351
    刊行日: 2003/4

アジア・ブームの今、過去のアジア認識を問う

脱亜を志向した近代日本は、欧米への対抗の中でとりわけ一九三〇年代-四〇年代に「アジア」を語りだす。だがそこで語られた「アジア」は、脱亜論の裏返し、都合の良い他者像にすぎなかった。再び「アジア」が語られる今、過去の歴史を徹底検証する。




目次


1
2
3
4
5
6
7
8
9
『文明論之概略』 とアジア認識
「世界史」 とアジアと日本
ヘーゲル 「東洋」 概念の呪縛
昭和日本と 「東亜」 の概念
何が問題なのか ―― 廣松渉 「東亜新体制」 発言をめぐって
東洋的社会の認識
大いなる他者 ―― 近代日本の中国像
「東亜」 概念と儒学
近代中国と日本と孔子教
「日本一国文明史」 の夢想


あとがき
収録 (初出) 一覧
書名索引
人名索引

ページトップへ