サルトル 1905-80――他者・言葉・全体性 別冊『環』11

価格: ¥3,630 (税込)
[ポイント還元 145ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

  • 菊大並製 304ページ
    ISBN-13: 9784894344808
    刊行日: 2005/10
  • サルトルとは何だったのか?その現代的意味は?


    目次

    はじめに


    ● 生誕百年の現在、 あらためて問われる、 その思想と存在の意味
    〈対談〉 いま、 なぜサルトルか?
    石崎晴己+澤田直


    ■ 多面体としてのサルトル

    脱世代化するサルトル
    F・ヌーデルマン

    全体主義・ヒューマニズム・共同体
    松葉祥一

    暴力の倫理 / 倫理の暴力
    合田正人
    【サルトルとレヴィナス】

    サルトルの芸術論
    永井敦子
    【現代美術批評を中心に】

    サルトルの遺産
    J-F・ルエット

    サルトルと私 または 「独自的普遍」 をめぐって
    鈴木道彦

    ■ 時代のために書く

    分裂増殖するサルトル
    澤田 直
    【自伝 『言葉』 をめぐって】

    他者の手
    G・フィリップ
    【サルトルの戯曲は本当にサルトルのものだろうか】

    他者恐怖と脱植民地化の不安
    本橋哲也
    【 『嘔吐』 における人権主義の力学】

    サルトルを読むバルト
    C・コスト
    【文学という魔術をめぐって】

    ひとりの旅行者の生涯
    黒川 学
    【サルトルにおけるエグゾチスムと政治】

    サルトルと私 『存在と無』 から道元へ
    森本和夫

    ■ 現代に生きるサルトル

    神・本来性・全体的人間
    水野浩二
    【サルトルにおける倫理学の展開】

    ニーチェと対決するサルトル
    清 眞人

    サルトルとマルクス
    的場昭弘
    【サルトルを現代的に考えるために】

    サルトルの人間学と批評の問題提起
    柴田芳幸

    サルトル、 ユダヤ性、 贈与
    若森栄樹
    【サルトルの 『ユダヤ人問題についての考察』 を読む】

    友愛の手紙 ―― デリタからサルトルへ
    藤本一勇

    附 録
    サルトル略年譜 1905-80 (黒川学)
    サルトル関連文献 (澤田直)
    サルトルを読むためのキーワード25 (永野潤)

    編集後記

    他にもこんな商品があります

    敗走と捕虜のサルトル――戯曲『バリオナ』「敗走・捕虜日記」「マチューの日記」

    ¥3,960(税込)

    数量:

    サルトル伝 1905-1980 上(全2分冊)

    ¥3,960(税込)

    数量:

    サルトル伝 1905-1980 下(全2分冊)

    ¥3,960(税込)

    数量:

    サルトルの誕生――ニーチェの継承者にして対決者

    ¥4,620(税込)

    数量:

    サルトルの世紀

    ¥6,050(税込)

    数量:

    世紀の恋人――ボーヴォワールとサルトル

    ¥2,640(税込)

    数量:

    晩年のボーヴォワール

    ¥2,640(税込)

    数量:

    ページトップへ