乳がんは女たちをつなぐ 京都から世界へ

価格: ¥2,200 (税込)
[ポイント還元 88ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

  • 大津典子
  • 四六判 240ページ
    ISBN-13: 9784894345201
    刊行日: 2006/6
  • 乳がんになることは、新しいいのちを生きること。

    それは京都の小さな乳がんクリニックから始まった――自ら乳がんの温存手術を受け、同病の友の支えによって生きる力を取り戻した著者が、オックスフォード・ペテルブルグ・ブダペスト各地の患者コミュニティに飛び込み、乳がんを共有するなかでお互いに心を開き、絆を結び直していく女たちの姿を描く。

    目次

    はじめに


    第1章 京都の女たち

    1 小さな乳腺クリニックにて
    待合室 / 叱られて、 そして乳がん / 女の病棟 /
    女たちの十四夜一夜物語 / 夜ごと女たちは優しくなる

    2 放射線治療
    放射線は怖いけど / 燃える胸 / 情報が患者の命綱

    3 乳がん患者の絆
    「華の会」 / 病状を測る / 花嫁衣裳のかげで

    4 がんとばかりつき合わないで


    第2章 逃げ出したい

    1 乳がん先進国、 イギリスへ
    逃げ出したい / 日本 ―― オックスフォード間のファックス通信 /
    命の鮒ずし

    2 乳がんを生きる
    京の蔭の舞い / 一手先を読んだつもりだったけど / がんを麗しく生
    きて / 「うち、 乳がんでよかった」


    第3章 オックスフォードの女たち

    1 イギリスの医療制度
    パンク寸前のホームドクター制度 / ラドクリフ病院の待合室 / 診察

    2 オックスフォードの乳がんの友
    「胸の友」 の会 / 教会 ―― 助け合いを祈りで繋いで / 乳がんなんか
    なんでもない / 乳がんの詩 / 女たちの不満 / リンパ・マッサージ /
    イングリッシュ・ガーデンの蔭で

    3 イギリスの放射能汚染
    グリーナム・コモン / 送電線

    4 イギリス式国民健康意識の刺激法
    乳がんの書 / 病院の小冊子は啓蒙の書

    5 最終診断
    MRI (磁気共鳴断層撮影) 検査 / リンパの流れ / イギリス医療よ、 何処へ行く

    6 見直される日本食

    7 そして6年たって


    第4章 サンクト・ペテルブルグの女たち

    1 サンクト・ペテルブルグのがん病院
    乳房を失って、 モスクワの女たちは今 / 瀕死のサンクト・ペテルブルグ /
    国立がん病院

    2 がん患者を支えて
    「アンチ・ラク」 協会 / サンクト・ペテルブルグの乳がんの友 / ネーリャ
    さん / スベトラーナさん / イーラさん / ロシア女性の涙 / がん患者の救世
    主、 アンドレイさん / マンサルダ劇場

    3 患者の命の拠り所 ―― 賄賂と善意と
    マーマのおっぱい / 手術待ち時間の決め手 / ロシア庶民の底力

    4 6年しかたたないのに


    第5章 ブダペストの女たち

    1 医者を変えた女たち
    異民族の通過する国 / 予期せぬ病院訪問 / 「ハンガリー・ホスピス協会」 /
    医者を変えたブダペストの女たち / ハンガリーの乳がん / 「ハンガリー国
    立がん患者協会」

    2 ブダペストにあって、京都にないもの
    ブダペストのプロテーゼ / 男性もブラジャーを買いに来る

    3 リンパ浮腫の救世主
    学識をリンパ浮腫治療の実践に活かして / リンパ浮腫とは何か

    4 リンパ治療
    セント・イシュテバン病院 / リンパ浮腫治療の料金 / 治療方法 / ハンガリ
    ーの音楽とバーバラの手 / ボディ・ランゲージは残った / ありがとうブダ
    ペスト


    乳がんの絆 ―― 「おわりに」 にかえて


    あとがき
    〔附〕 乳がん小史
    参考文献

    ページトップへ