竹内浩三集

価格: ¥2,420 (税込)
[ポイント還元 96ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

  • よしだみどり編
  • B6変上製 272ページ
    ISBN-13: 9784894345287
    刊行日: 2006/10

「骨のうたう」竹内浩三の詩と自筆の絵で構成!

泣き虫で笑い上戸、淋しがりやでお姉さんっ子、「よくふられる代わりによくホレる」……
思わず吹きだす天賦のユーモアに溢れながら、ギクリとさせられる、人間の暗い内実を鋭く抉る言葉。しかし底抜けの明るさで笑い飛ばすコーゾー少年の青春!!
自ら描いたユニークなマンガとの絶妙な取り合わせに、何度読んでも涙と笑いが止まらない!!




目次

I  五月のように

五月のように
三ツ星さん
雲 (一)
説 教
夜更け
膀 胱
うどん
放 尿

秋の色
雲 (二)
かえうた
しかられて
口 業
十二ヶ月
YAMA
愚の旗
よく生きてきたと思う

II  芸術について

大正文化概論
江古田の森
人 生
町角の飯屋で
金こない

金がきたら

ある夜
東 京
泥 葬
ひたぶるにただ
生きていることは
芸術について
モオツアルトのシンホニイ四〇番
メンデルスゾーンのヴァイオリンコンチェルト
チャイコフスキイのトリオ
トスカニニのエロイカ
手 紙
こん畜生
あきらめろと云うが
おんな
みじか夜を

空をかける


北海に
むしょうに淋しうございます
夜汽車の中で
わかれ
兵隊になるぼくは

III 色のない旗

ぼくもいくさに征くのだけれど

詩をやめはしない
冬に死す
わが影
宇治橋
おとこの子
曇り空
おもちゃの汽車
なんのために
横町の食堂で
夕焼け
鈍走記
色のない旗
空は ぼくは

IV 入営のことば

入営のことば
兵営の桜
ぼくのねがいは

寒イ景色ノ中デ
行軍 (一)
ベートーベン第七交響曲
白イ月ノ夜
行軍 (二)
風とマンジェと
ナポレオンハネェ
射撃について
今夜はまた……
夜通し風がふいていた
空ヲトンダ歌
南からの種子
ボクの日本は
春ガキタ
陽炎ガ
五月ガキテモ
うたうたいは

V  骨のうたう

みどり葉の五月
ことしのせっく
はつなつ

月夜ノ剣術
田園詩
ボクガ戦ウ
ハガキミタ
白い雲
演習 (一)
望 郷
演習 (二)
姉よ
日本が見えない
お 前
帰 還
骨のうたう

鈍走記 (草稿)
骨のうたう (原型)

出典一覧
あとがき

ページトップへ