生きる希望――イバン・イリイチの遺言

価格: ¥3,960 (税込)
[ポイント還元 158ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

  • イバン・イリイチ
  • デイヴィッド・ケイリー 編 臼井隆一郎 訳
  • 四六上製 416ページ
    ISBN-13: 9784894345492
    刊行日: 2006/12
  • 人びとに「未来」などない。あるのは「希望」だけだ。

    「最善の堕落は最悪であるCorruptio optimi quae est pessima.」――
    教育・医療・交通など「善」から発したものが制度化し、自律を欠いた依存へと転化する歴史を通じて、キリスト教‐西欧‐近代の最深部に批判を向けつつ、尚そこに、「今・ここ」の生を回復する唯一の可能性を探る。
    イリイチの思想の根底が示された最晩年の美しい結晶。

    目次

    序 文
    チャールズ・テイラー
    まえがき
    デイヴィッド・ケイリー
    序 論
    デイヴィッド・ケイリー


    I  最善の堕落は最悪

    1  福 音
    2  神 秘
    3  偶然性 1 神の掌中にある世界
    4  偶然性 2 テクノロジーの起源
    5  罪の犯罪化
    6  怖 れ
    7  福音とまなざし
    8  健 康
    9  均 衡
    10 学 校
    11 友 情
    12 いかに死ぬかを知る サヴォナローラ最期の日々
    13 システムの時代
    14 結 び


    II 反 復

    15 終末の始まり
    16 良 心
    17 至高の栄光
    18 道具からシステムへ
    19 身体化と脱身体化
    20 コンスピラツィオ
    21 分水嶺を越えて
    22 無 償 性


    原 注
    訳者あとがき
    人名索引

    他にもこんな商品があります

    生きる思想〈新版〉――反=教育/技術/生命

    ¥3,190(税込)

    数量:

    生きる意味――「システム」「責任」「生命」への批判

    ¥3,630(税込)

    数量:

    声の文化と文字の文化

    ¥4,510(税込)

    数量:

    ページトップへ