蘆花の妻、愛子 阿修羅のごとき夫なれど

価格: ¥3,024 (税込)
[ポイント還元 120ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

  • 本田節子
  • 四六上製 384ページ
    ISBN-13: 9784894345980
    刊行日: 2007/10
  • 定価: 3,024円

徳冨蘆花没80年 愛子没60年

公表されるや否や一大センセーションを巻き起こした赤裸々な告白『蘆花日記』。遺された数少ない資料からその妻愛子の視点を描出、20余年の沈黙を破り、
徳冨蘆花・愛子 二人の関係に肉薄する衝撃の書!




目次

1 愛子と蘆花  ――出会いまで

内弁慶外なめくじ
熊本洋学校
妻籠の里
女高師へ
賢兄愚弟
初対面

2 阿修羅のごとき夫なれど

梔子の咲く家
阿修羅
愛子略奪
逗 子
『不如帰』

3 新 生  ――水の洗礼、 土の洗礼

富士登山
愛子受洗
千歳村 ――美的百姓
「謀叛論」

4 懊悩、 苦悶の果てに

蘆花懊悩 愛子苦悶
愛子入院
アダムとイヴ ――『死の蔭に』

5 白雲しばし2人をへだてる

蘆花最後の熊本
蘆花病む
蘆花臨終

6 うき世のあらなみ のがれて

追憶の詩
賛美歌につつまれて


あとがき


徳冨蘆花主要著作一覧
参考文献
関連資料
系 図 (徳富家・原田家・矢島家)
徳冨蘆花・愛子年譜

ページトップへ