死の歴史学 ミシュレ『フランス史』を読む

価格: ¥5,184 (税込)
[ポイント還元 207ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

  • 真野倫平
  • 四六上製 528ページ
    ISBN-13: 9784894346130
    刊行日: 2008/02
  • 定価: 5,184円

「歴史は復活である」(ジュール・ミシュレ)

フランス近代歴史学の礎を築いたミシュレの『フランス史』を、いくつもの死の物語が織りなすテクストとして読み解く。



目次

序 『フランス史』 を読むために

第1章 ミシュレと死

1 死とエクリチュール
2 個人として、 歴史家として
3 贖罪としての歴史

第2章 歴史学と死の物語

1 19世紀前半の歴史学の状況
2 ミシュレの初期の作品
3 ミシュレの方法論

第3章  英雄の死と聖人の死

1 聖人の死
2 英雄の死
3 王権の盛衰

第4章 受難の図式

1 フランスの死
2 ジャンヌ・ダルクの受難
3 歴史の弁証法

第5章 死と贖罪

1 シャルル突進公の死
2 無実の罪人
3 歴史家の介入

第6章 歴史の判決

1 ミシュレとフランス革命
2 ミラボーの死
3 ルイ16世の死

第7章 断頭台上の死

1 正義への疑念
2 ジロンド派の死
3 革命家たちの受難

第8章 死のロンド

1 ロベエスピエールの死
2 狂乱のロンド
3 大革命の死

第9章 瀕死の肉体

1 歴史への異議
2 宿命の女王
3 勝ち誇る身体

第10章 陽気な死

1 王なる身体
2 いかさま師の勝利
3 ルイ14世の世紀

第11章 生ける屍

1 死の望み
2 監獄の時代
3 肉体の反抗

第12章 死の勝利

1 テルミドール以後
2 暴君の到来
3 大量死の世紀

ミシュレの死


付論 ミシュレの復活

あとがき
系図
書誌
主要署名索引
主要人名索引

ページトップへ