ケインズの闘い 哲学・政治・経済学・芸術

価格: ¥6,160 (税込)
[ポイント還元 246ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

  • ジル・ドスタレール
  • 鍋島直樹・小峯敦 監訳
  • A5上製 704ページ
    ISBN-13: 9784894346451
    刊行日: 2008/09
  • ケインズは何と闘ったのか? 欧米の問題作、遂に完訳!

    生きた全体像に迫った初の包括的評伝
    「世界金融危機」以後、再評価が進むケインズの“全体像に迫った記念碑的著作”

    『週刊東洋経済』橋本努氏 評

    目次

    日本語版への序文

    序 論

    1 倫 理 ケインズのビジョンの源泉
       補 章1 ブルームズベリーとアポスルズ
    2 知 識 不確実性、 確率、 モラル・サイエンス
    3 政 治 自由主義と社会主義を越えて
       補 nbsp;章2 ケインズの時代のイギリス政治史
    4 戦争と平和 ボーア戦争からヴェルサイユまで
    5 貨 幣 経済的原動力にして社会的病理
    6 労 働 失業との闘い
    7 金人類に奉仕する国際通貨体制
    8 芸 術 芸術の理論家・消費者・後援者

    結 論 ケインズからケインズ主義へ

     付 録 1 ケインズとその次代 ――年 表
     付 録 2 友人および同時代人が見たケインズ

    監訳者あとがき
    参考文献
     1 ジョン・メナード・ケインズによる著作
     2 他の参考文献

    索 引

    ページトップへ