横井小楠 1809-1869――「公共」の先駆者 別冊『環』17

価格: ¥3,080 (税込)
[ポイント還元 123ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

  • 源了圓 編
  • 菊大並製 248ページ
    ISBN-13: 9784894347137
    刊行日: 2009/11
  • 横井小楠生誕200周年記念出版!

    「近代日本」をつくった思想家。
    それは、竜馬でも松陰でもなく小楠である。

    徹底的な理想主義者ながら、殖産興業も説き、戦略も持ったリアリスト。道半ばとはいえ、その理想が政治的実現をみた稀有な思想家。時に酒失事件も起こし、“謹厳な模範的人格者”タイプではないが、不思議な力で人々を変革へと動かした小楠の魅力。

    目次

    ? 小楠の魅力と現代性


    〈鼎談〉 いま、 なぜ小楠か
    平石直昭+松浦玲+源了圓  
          (司会) 田尻祐一郎

    ? 小楠思想の形成 ――肥後時代

    小楠の思想的特色 【講学・講習・討論による公論形成】
    源了圓
    大塚退野学派の朱子学思想 【小楠朱子学との関連で】
    平石直昭
    近世熊本における朱子学の一系譜 【大塚退野・平野深淵・小楠】
    北野雄士
    小楠の朱子学理解 【「至善」 をめざす 「中間者」】
    吉田公平
    実学の系譜 【藤樹・蕃山・小楠】
    源了圓
    実学党の誕生 【時習館をめぐる教育と政治】
    鎌田 浩
    小楠の実学理解 【長岡監物との比較】
    堤 克彦
    小楠の 『論語』 講義 【朋友と学問】
    田尻祐一郎
    小楠の漢詩 【折々の 「心の声」】
    野口宗親
    小楠と旅 【遊学と遊歴の結合】
    八木清治


    ? 小楠思想の実践 ――越前時代

    学政一致の思想 【「学校問答書」 を中心に】
    沖田行司
    由利公正と小楠 【「国是三論」 と産物会所】
    本川幹男
    小楠の富国論 【近代経済学との比較】
    山?益吉
    水戸学批判と蕃山講学 【誠意の工夫論をめぐって】
    北野雄士


    ? 小楠の世界観 ――「開国」 をめぐって

    「開国」 と 「公共」 との思想的関連 【『開国図志』 を中心に】
    源了圓
    「公共の政」 による交易 【小楠の政治改革構想】
    森藤一史
    世界的眼孔 【松陰と小楠の国際社会認識】
    桐原健真
    大義を四海に 【未完の明治維新】
    石津達也


    ? 小楠の晩年 ――幕政改革と明治維新

    福井辞去をめぐる思想と政治
    松浦 玲
    坂本龍馬と小楠 【「成行を御覧あるべし」】
    小美濃清明
    佐久間象山と小楠 【幕政改革をめぐる理論知と実践知】
    源了圓
    立花壱岐と小楠 【最後の会見と 「第1等論」】
    河村哲夫
    小楠の 「遺表」 【海老名弾正所蔵の新史料】
    徳永 洋


    ? 小楠をめぐる人々

    春嶽・海舟・永孚 【『小楠遺稿』 をめぐって】
    松浦 玲
    徳富蘇峰 【小楠研究におけるその功罪】
    源了圓
    安場保和と後藤新平 【小楠思想の実践者】
    源了圓

    〈附〉


    系図
    年譜
    関連人物
    編集後記

    ページトップへ