クローチェ 1866-1952――全体を視る知とファシズム批判

価格: ¥3,960 (税込)
[ポイント還元 158ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

  • 倉科岳志
  • 四六上製 288ページ
    ISBN-13: 9784894347236
    刊行日: 2010/1
  • いまだアクチュアリティを放つ、そのファシズム論、国家論、自由論!

    人文学的伝統を守り抜いたイタリアの巨人。
    初の本格的クローチェ論。


    単なる政治的判断ではなく、西洋の人文学的伝統に裏打ちされた知のあり方そのものにおいて、ファシズムに抗し得たクローチェ。学問を細分化するだけの大学アカデミズムにも、大衆煽動的ナショナリズムに便乗するだけのジャーナリズムにも依存せず、「知」と「学問」の自律性と全体性を守り抜いたその思想は、今日の我々に何を示唆するか。

    目次

    序 論

    第1章 デ・サンクティスとマルクスの間で 1893-1901

    美学と歴史理論 / マルクス主義研究 / まとめ

    第2章 観念論の復興 1902-1909

    「精神哲学三部作」、 『クリティカ』 誌、 『現代哲学古典全集』 / 『美学』 初版、 第2版と 「純粋概念の科学としての論理学綱要」 / 「経済の哲学に帰せられる法の哲学」 と 『実践の哲学』 / 『美学』 第3版と 『論理学』 第2版 / まとめ

    第3章 新知識人の世代間対立 1907-1915

    共通の目標 ――イタリアの哲学的再覚醒 / クローチェの知的覇権 / 別離とその意味 / まとめ

    第4章 第一次世界大戦 1915-1919

    行為論的観念論への批判 / クローチェの政治的立場 / ジェンティーレの政治的立場 / 愛国的哲学者の仕事 / まとめ

    第5章 観念論としての自由主義 1910-1925

    倫理学と政治学 / 「自由」 の成立とファシズム / まとめ

    第6章 「自由」 と 「頽廃」 1925-1932

    「歴史4部作」 執筆の背景 / 「自由」 と 「頽廃」 の対置関係 / 「歴史4部作」 の執筆動機 / まとめ


    結 論


    小 伝 ベネデット・クローチェ

    大学アカデミズムとの闘い / ファシズムの抑圧への抵抗 / 戦後の復興へ向けて / 主要業績


    あとがき

    作品リスト
    略年譜
    文献一覧
    図版出典一覧
    人名索引

    ページトップへ