ケースブック 日本の居住貧困 子育て / 高齢障がい者 / 難病患者

価格: ¥2,420 (税込)
[ポイント還元 96ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

  • (編集代表)早川和男
  • (編)岡本祥浩・早川潤一
  • A5判並製 272ページ
    ISBN-13: 9784894347793
    刊行日: 2011/1

社会福祉の行政担当者・研究者、および住宅産業関係者必読!

本当に安心できる住まいとは?
交通事故死者数をはるかに超える、「住居の中の不慮の事故死」は、なぜ生じてしまうのか?
乳幼児の子育てや、高齢障がい者・難病患者の生活に密着し、建物というハードだけでは解決できない、「住まい方」の問題を考える



目次

はじめに


第Ⅰ部 母子・子育て 編

1 育児への不安と孤立する母親
2 多胎児の育児
3 子どもの成長を阻害する室内環境
4 不衛生な住環境
5 プライバシーと発達を保障できない住居
6 子どもの生活を守れない住居
7 居住環境による事故から子どもを守る


第Ⅱ部 高齢障がい者・難病患者 編

1 高齢障がい者の住居
2 難病患者の住居
パーキンソン病 / 脊髄小脳変性症 / 筋萎縮性側索硬化症(ALS)
悪性慢性関節リウマチ / 後縦靱帯硬化症 / 多発性硬化症 / 多発性筋炎 / 公害患者

補 論



~ 本書で取り扱うケースの例~

 

  • ▪豪華だが子育てに不向きなマンション
  • ▪エレベーターの止まらない高層階
  • ▪不充分な採光、 急階段、 危険な家具
  • ▪急傾斜の立地、 急階段の住宅
  • ▪三つ子が暮らせない狭小なアパート
  • ▪ハウスダストのたまりやすいじゅうたん
  • ▪新生児とペット
  • ▪物の散乱する部屋、 室内での喫煙
  • ▪児の健康をおびやかすコタツでの育児
  • ▪滑りやすく、 力が入りにくいフローリング
  • ▪子どもの声の聞こえない間取り、 不充分な収納
  • ▪雨にぬれて危険な外階段
  • ▪バリアフリーによって低下する筋力
  • ▪車いすが利用できず生活リズムが不規則
  • ▪右片麻痺患者の外出を阻む、 段差の多い日本家屋
  • ▪寝たきり状態でも住宅改修で一人で外出が可能に
  • ▪筋力低下にあわせて再改修が必要
  • ▪「住みやすい住宅」 とは、 住んでいる人しか分からない
  • ▪福祉サービスの活用を促した利用しやすいマンションの構造
  • ▪片側しか手すりのない階段、 狭い廊下と収納の少ない住居
  • ▪ベッドを置けない狭い部屋と和式のトイレ
  • ▪風呂、 トイレの無い離れの生活の不便さ
  • ▪転倒によるケガと屋内のガラスの危険
  • ▪外の景色が介護を支える住居
ほか 全167 ケース

ページトップへ