政治家の胸中――肉声でたどる政治史の現場

価格: ¥3,080 (税込)
[ポイント還元 123ポイント~]
数量:
在庫: 在庫切れ

返品についての詳細はこちら

twitter

  • 老川祥一著
  • 四六上製 352ページ
    ISBN-13: 9784894348745
    刊行日: 2012/09
  • 第一線の政治記者が間近に接してきた政治指導者の肉声

    岸信介、佐藤栄作、田中角栄、三木武夫、福田赳夫から小泉純一郎まで約四十年、戦後政治の激変期の中で、第一線の政治記者として著者が間近に接してきた政治指導者の肉声から迫る、政治家の器量と、政治の真髄。
    ★前首相官邸写真室長・久保田富弘氏による、歴代首相らの貴重な写真を多数掲載

    目次

     はじめに
    プロローグ 「雨が降っても官邸」――政治取材の現場
    1 「これでまた野蛮な国と……」――三島事件と保利茂
    2 「辛亥の年だなあ」――佐藤栄作の自信と不安
    3 「書かせろ、書かせろ」――田中角栄と金大中事件
    4 「ボク行くよ」――三木武夫の中東訪問
    5 「カニの死にばさみ」――岸信介の警告
    6 「全面支持だ」――福田赳夫のひとこと
    7 「摩擦があるから走るんだ」――三木武夫とロッキード事件
    8 「総理でなくても仕事はできる」――福田赳夫と四十日抗争
    9 「メジロがあんまり高いところで」――竹下、金丸とニューリーダーの会
    10 「まだまだ……」――暗愚でも仏でもなかった鈴木善幸
    11 「過去と未来を見すえて」――中曽根康弘と「戦後政治の総決算」
    12 「ここからは一瀉千里だ」――竹下登の気配りと執念
    13 「ミコシは軽くてパーがいい」――政治の改革と劣化の軌跡
    14 「改革なくして成長なし」――小泉純一郎と無党派層の時代

     あとがき
     戦後日本政治略史/戦後の首相一覧/参考文献/人名索引

    ページトップへ