時間・欲望・恐怖 歴史学と感覚の人類学

価格: ¥4,510 (税込)
[ポイント還元 180ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

  • アラン・コルバン
  • 小倉孝誠・野村正人・小倉和子 訳
  • 四六上製 392ページ
    ISBN-13: 9784938661779
    刊行日: 1993/7

近代的感性とは何か

女と男が織りなす近代社会の「近代性」の誕生を日常生活の様々な面に光をあて、鮮やかに描きだす。語られていない、語りえぬ歴史に挑む。〈来日セミナー〉「歴史・社会的表象・文学」収録(山田登世子他)。



目次

日本語版によせて

「時間」 の誕生
―― 時間の管理と規則化 ――


布製品の普及と身体文化

女中と主婦
―― ブルジョワの幻想 ――

恐怖で書かれた女性史
―― 男性の苦悩と女性への恐怖 ――


娼婦、 淑女混交への男性の恐怖
―― 教育よき歴史は失敗の歴史 ――

避妊の歴史と娼婦の役割

先天性梅毒の歴史

若夫婦の手引書


劇場空間での騒乱と権力
―― 文化的・政治的交点としての地方劇場 ――

都市における産業公害と政治

出稼ぎ労働者の生態
―― パリの建設業界で働くリムザーン地方出身者の歴史 ――

暴力と流血の社会史
―― 首都パリのイメージの系譜に関する考察 ――

歴史学と感覚の人類学

参考文献
原 注
参考地図


<セミナー> 「歴史・社会的表象・文学」 ――アラン・コルバン氏を囲んで

〔発言者〕 アラン・コルバン / 山田登世子 / 福井和美 / 大野一道
北山晴一 / 桑田禮彰 / 小倉孝誠 (通訳)

感性の歴史学と文学 / 社会的表象と集合表象 / 表象システムの構築 / 社会的表象を分析することの困難さ / 文学作品は歴史学に何をもたらすのか / 文学は行動のモデルを提供する――夢・旅・愛・読書 / バルザック、ゾラ、ゴンクール兄弟 / 文学は貴重な証言ではあるが証拠ではない / 社会的想像力とイデオロギー / ミシュレとコルバン / ミシュレの魅力 / 表象システムの歴史学と政治的なもの / フーコーに関するあるエピソード

感性の歴史学の射程 ――訳者あとがきにかえて

ページトップへ