四十億年の私の「生命」〔生命誌と内発的発展〕鶴見和子・対話まんだら 中村桂子の巻《命》

価格: ¥2,420 (税込)
[ポイント還元 96ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

  • 鶴見 和子・中村桂子
  • A5変並製 224ページ
    ISBN-13: 9784894342941
    刊行日: 2002/07

「生命」を捉える真の学問

社会、人間、知を問い続けてきた鶴見和子が、来るべき思想に向けて本当に語るべきことを語り合った珠玉の対話集成。第二弾の本書では、南方熊楠や環境問題を切り口に、近代の学問の限界を明らかにし、「生命」を尊重した総合科学の構想を語る。



目次

〈問題提起〉 最も遠いようで最も近いもの 【アニミズムと現代科学】  中村桂子

第1場 近代科学の鬼子として

第2場 内側からの学問を創る

第3場 南方熊楠との出会い

第4場 自己創出と内発性

第5場 人間不在の学問

第6場 生命は矛盾をはらんでいる

第7場 アニミズムと科学

第8場 内なる自然の破壊

第9場 40億年の私の 「生命」  ―― 人間と自然と人工が共に生き合う

〈対談を終えて〉 鬼子が本家へと育つことを願って
あとがき
中村桂子
鶴見和子

関連情報

出会いの奇跡がもたらす思想の“誕生”の現場へ

鶴見和子・対話まんだら

自らの存在の根源を見据えることから、社会を、人間を、知を、自然を生涯かけて問い続けてきた鶴見和子が、自らの生の終着点を目前に、来るべき思想への渾身の一歩を踏み出すために本当に語るべきことを存分に語り合った、珠玉の対話集。

ページトップへ