無常の使い

価格: ¥1,980 (税込)
[ポイント還元 79ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

  • 石牟礼道子
  • B6変上製 256ページ
    ISBN-13: 9784865781151
    刊行日: 2017/02
  • 生前交流のあった方々の御霊に捧げる悼詞

    荒畑寒村・白川静・鶴見和子・橋川文三・上野英信・谷川雁・多田富雄・木村栄文・細川一・砂田明・土本典昭・本田啓吉・田上義春・川本輝夫・宇井純・原田正純・杉本栄子 各氏 ほか

    目次


    無常の使い――序にかえて

    荒畑寒村(1887―1981)
     死んだ先生に電話をかける

    細川一(1901―1970)
     わがじゃがたら文より

    仲宗根政善(1907―1995)
     前世の出逢い

    白川静(1910―2006)
     先生は生きておられる

    鶴見和子(1918―2006)
     別の世からの使徒――ありし日の水俣で
     社会学理論を裏づける日本的情趣
     生きるよすがをよみがえらせた方

    橋川文三(1922―1983)
     玲瓏たる水脈

    上野英信(1923―1987)
     み民われ生けるしるしあり
     ひかりの露に
     追悼文
     お茶碗洗われる英信さん

    谷川雁(1923―1995)
     在りし日のこと
     護 符
     反近代への花火

    本田啓吉(1924―2006)
     奥さまのご苦労は

    井上光晴(1926―1992)
     光晴さん無念

    砂田明(1928―1993)
     鈴鉦のひびき

    土本典昭(1928―2008)
     光芒を放った日常
     やさしい阿修羅

    石田晃三(1930―1985)
     天の微光の中に

    田上義春(1930―2002)
     田上義春さんを悼む

    川本輝夫(1931―1999)
     川本輝夫さんを悼む

    宇井純(1932―2006)
     小さな声の宇井純さん

    多田富雄(1934―2010)
     病の中、能で示した免疫論
     孤 城

    八田昭男(1934―1984)
     含羞に殉ず

    原田正純(1934―2012)
     水俣病患者支え続けた笑顔

    木村栄文(1935―2011)
     近代を問う同志として

    野呂邦暢(1937―1980)
     感性の詩人

    杉本栄子(1938―2008)
     「私は魚――生きろうごたる」
     ありし日を偲び 語らう
     三回忌ごあいさつにかえて
     栄子さんの命日に

    久本三多(1946―1994)
     永訣の挙手


     初出一覧
     編集後記

    関連情報

    ■五〇年くらい前までわたしの村では、人が死ぬと『無常の使い』というものに立ってもらった。必ず二人組で、衣服を改め、死者の縁者の家へ歩いて行ったものである。
    ■「今日は水俣から無常のお使いにあがりました。お宅のご親戚の誰それさんが、今朝方、お果てになりました。お葬式は何時ごろでございます」
    ■口上の言葉はおろそかにしてはならず、死んだとはいわない。「お果てになりました」とか「仏さまになられました」という。
    ■使いを受けた家では、これも丁重に、お帰りのお足元は大丈夫ですか、とねぎらった。
    ■無常の使者は一組でなくて、何組も出発させねばならない。その人たちが帰ってきて、行った先の人たちが何時ごろ来るかを確かめて、葬儀の準備を整えていた。
    (「無常の使い――序にかえて」より)


    ●石牟礼道子(いしむれ・みちこ)
    1927年3月11日、熊本県天草郡に生れる。詩人。作家。
    1969年に公刊された『苦海浄土』は、水俣病事件を描いた作品として注目され、第1回大宅壮一ノンフィクション賞となるが、辞退。1973年マグサイサイ賞、1993年『十六夜橋』で紫式部文学賞、2001年度朝日賞を受賞する。2002年度は『はにかみの国――石牟礼道子全詩集』で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。2002年から、初作品新作能「不知火」が、東京・熊本・水俣で上演される。石牟礼道子の世界を描いた映像作品「海霊の宮」(2006年)、「花の億土へ」(2013年)がある。
    『石牟礼道子全集 不知火』(全17巻・別巻1)が2004年4月から刊行され、10年の歳月をかけて2014年5月完結する。この間に『石牟礼道子・詩文コレクション』(全7巻)が刊行される。『最後の人 詩人 高群逸枝』『葭の渚――石牟礼道子自伝』『花の億土へ』『不知火おとめ』『石牟礼道子全句集 泣きなが原』(俳句四季大賞)他、多田富雄との往復書簡『言魂』、高銀との対話『詩魂』、宮脇昭との対話『水俣の海辺に「いのちの森」を』など。

    ページトップへ