「猪飼野」を生きるひとびと 『猪飼野詩集』ほか未刊詩篇、エッセイ 金時鐘コレクション(全12巻)第4巻

価格: ¥5,184 (税込)
[ポイント還元 207ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

  • 金時鐘
  • [解説]冨山一郎
  • 四六変上製 440ページ
    ISBN-13: 9784865782141
    刊行日: 2019/06
  • 定価: 5,184円

現在90歳、渡日70年。益々滾る詩。

1973年2月1日を期してなくなった、日本最大の在日朝鮮人の集住地、大阪「猪飼野」に暮らす人々を描いた連作『猪飼野詩集』(1978年)ほか。 ◎作品の背景をつぶさに語る著者インタビューを収録!!
【解説】冨山一郎
【解題】浅見洋子/細見和之
【月報】登尾明彦/藤石貴代/丁章/呉世宗

目次


●猪飼野詩集
 見えない町
 うた ひとつ
 うた ふたつ
 うた またひとつ
 寒ぼら
 日日の深みで(1)
 日日の深みで(2)
 日日の深みで(3)
 朝鮮辛報――この届くことのない対話――
 朝鮮瓦報――この置き去られる遺産――
 イカイノ トケビ
 果てる在日(1)
 果てる在日(2)
 果てる在日(3)
 果てる在日(4)
 果てる在日(5)
 いぶる
 夏がくる
 影にかげる
 それでも その日が すべての日
 イルボン サリ(日本暮らし)
 夜
 へだてる風景
 朝までの貌
 [跋]言葉の元手(安岡章太郎)
 あとがき

●未刊詩篇
 風に散らした言葉のうた――故港野喜代子の詩に――
 チノギの船 果てる在日(5)(異稿)
 十三月がやってくる!

●エッセイ
 船が埋もれてある街 ――猪飼野雑感
 『季刊  三千里』編集部への手紙
 「猪飼野」の暮れ
 私と猪飼野と在日と、――文庫版のあとがきに代えて

●講演
 展望する在日朝鮮人像――慎景桓裁判が問いかけるもの

あとがき(金時鐘)

〈インタビュー〉在日朝鮮人の源流――『猪飼野詩集』をめぐって

〈解説〉暴力的状況で確保される言葉の在処――『猪飼野詩集』を読む(冨山一郎)
〈解題〉猪飼野詩集(浅見洋子)
〈解題補遺〉「猪飼野」を生きるひとびと(細見和之)

関連情報

●金時鐘 (キム・シジョン)
1929年(旧暦1928年12月)朝鮮釜山に生まれ、元山市の祖父のもとに一時預けられる。済州島で育つ。48年の「済州島四・三事件」に関わり来日。50年頃から日本語で詩作を始める。在日朝鮮人団体の文化関係の活動に携わるが、運動の路線転換以降、組織批判を受け、組織運動から離れる。兵庫県立湊川高等学校教員(1973-92年)。大阪文学学校特別アドバイザー。詩人。
主な作品として、詩集に『地平線』(ヂンダレ発行所、1955)『日本風土記』(国文社、1957)長篇詩集『新潟』(構造社、1970)『原野の詩――集成詩集』(立風書房、1991)『化石の夏――金時鐘詩集』(海風社、1998)『金時鐘詩集選 境界の詩――猪飼野詩集/光州詩片』(藤原書店、2005)『四時詩集 失くした季節』(藤原書店、2010、第41回高見順賞)他。評論集に『さらされるものと さらすものと』(明治図書出版、1975)『クレメンタインの歌』(文和書房、1980)『「在日」のはざまで』(立風書房、1986、第40回毎日出版文化賞。平凡社ライブラリー、2001)他。エッセーに『草むらの時――小文集』(海風社、1997)『わが生と詩』(岩波書店、2004)『朝鮮と日本に生きる』(岩波書店、2015、大佛次郎賞)他多数。

ページトップへ