女人の京 岡部伊都子作品選 “美と巡礼” 第4巻(全5巻)

価格: ¥2,640 (税込)
[ポイント還元 105ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

  • 岡部伊都子
  • 解説・道浦母都子
  • 四六上製カバー装 240ページ
    ISBN-13: 9784894344495
    刊行日: 2005/05

随筆家・岡部伊都子の原点!

つくづくと思う。老いはたしかに、いのちの四苦のひとつである。日々、音たてて老いてゆくこの実感のかなしさ。・・・・・・なんと人びとの心は強いのだろう。かつても、現在も、数えようもないおびただしい人びとが、同じこの憂鬱と向き合い、耐え、闘って生きてきた、いや、生きているのだ。

■「善信尼」「皇極天皇」「持統天皇」他、京都・奈良にゆかりのある古代の女たちの足跡をたどり、確とした自我をもち生きてきた姿を描く。 




目次

やまとの女人

善信尼
(574 ― 年、 飛鳥時代の尼)

橘大郎女
( ― 年、 聖徳太子の妃)

皇極天皇
(594 ―611年・天智・天武の母)

持統天皇
(645―702年、 天智天皇の皇女)

大伯皇女
(611―701年、 天武天皇の皇女)

元明天皇
(611―721年、 天智天皇の第四皇女)

橘三千代
( ―733年、 天武・持統・文武・元明・元正に任えた女官)

吉備内親王
( ―729年、 草壁皇子の皇女)

貧しき女王
(『日本国現報善悪霊異記』)

入水の采女
(『大和物語』 より 「ならの帝につかうまつる采女」)

称徳天皇
(718―770年、 聖武天皇の皇女)

井上内親王
(717―775年、 光仁天皇の皇后)


女人の京

高野新笠陵
(桓武天皇母・高野新笠)

白川・金色院跡
(藤原頼通の女・寛子)

法金剛院
(待賢門院璋子)

鳥羽の恋塚
(源渡の妻・袈裟御前)

安楽寺
(尼僧・松虫 / 鈴虫)

千本釈迦堂
(棟梁長井高次の妻・おかめ)

宝鏡寺
(日野富子)

淀城跡
(豊臣秀吉の側室・おちゃちゃ)

島原
(吉野大夫)

泉涌寺
(東福門院和子 / 明正天皇)

真葛原
(池大雅の妻・池玉瀾)

神光院
(蓮月尼)

 旧版あとがき
 
 追ってがき
 

[解説] 「はんなり」 と 「強靭」 と  道浦母都子

ページトップへ