ゾラの可能性 〔表象・科学・身体〕

価格: ¥4,180 (税込)
[ポイント還元 167ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

  • 小倉孝誠・宮下志朗編
  • A5上製 344ページ
    ISBN-13: 9784894344563
    刊行日: 2005/6

文豪ゾラの現代性を描く、初の成果。

科学技術、資本主義、女性、身体、都市と大衆・・・・・・二十世紀に軋轢を生じさせる様々な問題を、十九世紀に既に濃密な物語に仕立て上げていたゾラの真の魅力を、日仏第一線の執筆陣が協力して描いた記念碑的成果。
コルバン、アギュロン、ペロー、ミットラン、ノワレ、朝比奈弘治、稲賀繁美、荻野アンナ、柏木隆雄、金森修、工藤庸子、高山宏、野崎歓。




目次

甦るゾラ ―― まえがきにかえて
小倉孝誠

第1章●歴史

歴史家から見たゾラ
アラン・コルバン (小倉孝誠訳)
ゾラという名の共和主義者
モーリス・アギュロン (宮下志朗訳)
マリアとマリアンヌ  ―― 宗教社会学としての『ルルド』
工藤庸子

第2章●科学

自然主義と 「モダン・スタイル」
アンリ・ミットラン (小倉孝誠訳)
ゾラ、 機械のイマージュと神話
ジャック・ノワレ (岑村傑訳)
仮想の遺伝学
金森 修

第3章●女性

『ルルド』 から 『真実』 まで  ―― 第三のゾラにおける女性たち
ミシェル・ペロー (宮下志朗訳)
ゾラにおける女・身体・ジェンダー
小倉孝誠

第4章●視覚文化

慧眼と蹉跌  ―― ゾラは絵画に裏切られたのか
稲賀繁美
百貨と胃袋  ―― ゾラ・ヴィジュエル
高山 宏
ゾラの後継者としてのジャン・ルノワール  ―― 『女優ナナ』 をめぐって
野崎 歓

第5章●都市

記憶のありかをめぐって  ―― 『ルーゴン=マッカール叢書』 おける人・モノ・場所
朝比奈弘治
ゾラのパリを訪ねて  ―― 『居酒屋』 から 『愛の一ページ』 へ
宮下志朗

第6章●間テクスト性

ゾラの名は、 ラブレー
荻野アンナ
ゾラ、 紅葉、 荷風  ―― 明治文学の間テクスト性
柏木隆雄


ゾラのいろいろな読み方  ―― あとがきにかえて
宮下志朗

〈年譜〉 ゾラとその時代
執筆者紹介

ページトップへ