医と病い 〈新版〉 叢書・歴史を拓く ――『アナール』論文選 3  (全4巻)

価格: ¥3,520 (税込)
[ポイント還元 140ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

  • (責任編集) 二宮宏之・樺山紘一・福井憲彦
  • (コメント)立川昭二  (解説)樺山紘一
  • A5判並製 264ページ
    ISBN-13: 9784894347809
    刊行日: 2011/1
  • 「健康」「医療」への関心が異様なまでに肥大化した現代文明を問う、「医と病の歴史学」の先駆!

    『アナール』誌の主要論文をテーマ別に精選し、そのテーマにふさわしい第一級の日本人研究者のコメントを付す。未だ古びない珠玉の論文集 !
    (全4巻 / 第3回配本)

    目次

      新版刊行に寄せて  福井憲彦

    ●解 説 医と病いの歴史学  樺山紘一

    病気の歴史研究序説

    ミルコ・D・グルメク (樺山紘一 訳)

    黒死病をめぐって
    〔14世紀の歴史における飢饉と疫病〕

    エリザベート・カルパンティエ (池上俊一 訳)

    能力・理性・献身
    〔王立医学協会の弔辞による啓蒙時代の医師像(1776―1789)〕

    ダニエル・ロッシュ (谷川多佳子 訳)

    病いを癒す術
    〔1790年のフランスにおける学問的医学と民間療法〕

    ジャン=ピエール・グーベール (宮崎揚弘 訳)

    労働現場の病いと医

    アルレット・ファルジュ (福井憲彦 訳)

    悪疫の流行と階級憎悪

    ルネ・ベレル (中原嘉子 訳)

    ●コメント 病いのフォークロア 立川昭二

    文献目録
    地 図
    扉 図版出典一覧

    ページトップへ