母 石牟礼道子+米良美一

価格: ¥1,650 (税込)
[ポイント還元 66ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

  • 米良美一 石牟礼道子
  • B6変上製 224ページ
    ISBN-13: 9784894348103
    刊行日: 2011/6
  • 希有な二つの才能の出会いと共鳴。

    不知火海が生み育てた日本を代表する詩人・作家と、障害を乗り越え世界で活躍するカウンターテナー。
    希有な二つの才能が出会い、世代を超え土地言葉で響き合う、魂の交歓!

    目次

    詩 「黒髪」
    石牟礼道子

    I 出会い


    母の面影
    石牟礼道子

    節句と母の楽しみ / 田園の即興詩人 / 遍路母娘ともう一人のわたし /
    日向の匂い / 「沖は風、 風」 / 死者たちから受けとるもの / くさぐさのお祭

    故郷へ、 母への想いは永遠に……
    米良美一


    II 共 鳴 ―― 風土、 食べものそして母
    (対談) 石牟礼道子 ・ 米良美一


    1 九州の土に育まれて

    天草弁と宮崎弁でゆきましょう / 料理はおままごとの気分で / 「幻楽四重奏」 と
    ともに / 生命はみな健気 / 地方の言葉のおもしろみ / 石に関わる家業 / 祖父
    の事業道楽 / 道のゆかり

    2 島と山の血を継いで

    米良一族と西都市 / 「天草は天領ぞ」 / 葬式が大好きな子 / 山の娘であった母

    3 文の道・歌の道

    幼い頃からの歌との縁 / 歌いたい母と娘 / 母をテーマに ―― 文学と音楽 / 未発
    表詩群の出現 / 刈干切唄・ゴンドラの唄・ふるさと / 芋がらの漬け物と金柑煮 / 幻
    覚と現実と / 天草の夢の中へ


    III 迦陵頻伽の声


    石牟礼道子先生とのご縁
    米良美一

    解説を依頼されて / 石牟礼先生に会いに熊本へ / 言霊をお伝えできる歌手にな
    りたい / 人との出会いの大切さ

    迦陵頻伽の声
    石牟礼道子

    ページトップへ