音 石牟礼道子 詩文コレクション 5

価格: ¥2,420 (税込)
[ポイント還元 96ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

  • 石牟礼道子
  • 解説=大倉正之助
  • B6変上製 216ページ
    ISBN-13: 9784894347144
    刊行日: 2009/11

生命の原郷から奔出することばで「猫」「花」「渚」「色」「音」「父」「母」の主題を奏でる石牟礼文学のポリフォニー。

「石牟礼道子さんの文章表現には、言葉の持つ原初的響き、力が漲っていて、その言葉には、ものの生命が掬い上げられているかの様です」(大倉正之助)




目次

一 音の風景

草の声を
木 霊
神 曲
声 音
かそけき声

二 暮らしのにぎわい

三和土のにぎわい
浄化する呼び声
盆踊りの足音
早 鐘

三 古の調べ

風土の肉声
地の中の鈴
7つの鐘が6つなりて
時代の調べ
歌垣の声
雷さまの鳴りわたり

四 歌 謡

とんとんからり
風車の歌
竜神さまの先触れ
月影橋の歌
秘 歌
あやとり歌
鋸曳き歌
ひとつ ひがん花 とん とん


後 記
解 説   大倉正之助
あとがき 石牟礼道子

ページトップへ