生きる意味 「システム」「責任」「生命」への批判

価格: ¥3,564 (税込)
[ポイント還元 142ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

  • イバン・イリイチ
  • デイヴィッド・ケイリー 編 高島和哉 訳
  • 四六上製 464ページ
    ISBN-13: 9784894344716
    刊行日: 2005/9

イリイチ自身が初めて平明に語り下したその思想の集大成。

1960-70年代における現代産業社会への鋭い警鐘から、80年代以降、一転して「歴史」の仕事に沈潜したイリイチ。無力さに踏みとどまりながら、「今を生きる」ことへ――自らの仕事と思想の全てを初めて語り下ろした集大成の書。


目次

まえがき   D・ケイリー
序 論     D・ケイリー

1  教育という神話
2  「開発」 批判と教会批判
3  「道具」 の哲学を求めて
4  医療と身体の歴史
5  稀少性と労働
6  ジェンダーとセックス
7  キリスト教の堕落
8  文字の文化からコンピューターの文化へ
9  「物質」 の歴史性
10 偽神と化した 「生命」

原 注
訳者あとがき
人名索引
イバン・イリイチ主要著作一覧

ページトップへ