開かれた歴史学 ブローデルを読む

価格: ¥4,620 (税込)
[ポイント還元 184ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

  • イマニュエル・ウォーラーステインほか
  • 浜田道夫・末広菜穂子・中村美幸 訳
  • A5上製 320ページ
    ISBN-13: 9784894345133
    刊行日: 2006/4
  • 「歴史学の革新」とは何か?

    ブローデルによって開かれた諸科学の総合としての歴史学の時間・空間。その広大無比なヴィジョンにはどんな未来がはらまれているのか?「アナール」に触発された気鋭の論客8人が、社会学、経済学、地理学を武器に「歴史の方法」に挑む。“ブローデル以後”の思想の可能性を豊かに開く、刺激的な論考群!

    目次

    序 歴史への招待
    ――― ティエリ・パコ


    第I部 ブローデルとアナール派

    1 変動局面の人

    ――― イマニュエル・ウォーラーステイン [社会学・歴史学]

    1 人生の時間
    2 3つの抵抗運動
    3 勝利者アナール派
    4 新しいアナール派か?

    2 分裂した相続人たち

    ――― フランソワ・ドス [思想史]

    1 種まきのとき
    2 収穫のとき
    3 中核と星雲


    第II部 資本主義と市場

    3 新しい空間=時間

    ――― フランソワ・フルケ [経済学・社会学]

    1 ブローデルはどのようにして経済=世界を考え出したか
    2 因果関係は空間と時間のなかにある
    3 認識と演出
    4 国内的な問題設定 ―― マルクス
    5 世界的な問題設定 ―― ブローデル
    6 「共生」 とそれにたいする批判
    7 資本のメタファーか、 都市のメタファーか
    8 都市と農村か、 あるいは都市と国家か
    9 ブローデルは学者か、 否、 芸術家だ

    4 壮大な構想  ―― 物質文明・経済・資本主義 (15―18世紀)

    ――― ミシェル・モリノー [歴史学]

    1 学者が総督に頼るとき
    2 「資本」 cavedalを読み解く
    3 ヨーロッパ中心主義と巨大=中心都市

    5 市場の支配力

    ――― アラン・カイエ [社会学]

    1 経験的反論
    2 経験論的反論
    3 理論的反論

    6 資本主義と近代性  ―― マックス・ヴェーバーは考慮の対象外か

    ――― フィリップ・ステネール [社会学・経済学]

    1 ヴェーバーの資本主義からブローデルの資本主義へ
    2 ヴェーバーに向きあうブローデル
    3 2つの方法の結合


    第III部 歴史と地理

    7 「あるフランスへの情念、 ある歴史の概念」

    ――― モーリス・エマール [歴史学]

    1 美し国フランス
    2 「要求の多い複雑な情念」

    8 地理学者ブローデル

    ――― イヴ・ラコスト [地理学]

    1 歩んだ道と方法的一致
    2 そもそも地理学とは何か。地理学者とはどのような存在か
    3 ブローデル ―― 実際に広い地理性の概念
    4 ブローデル ―― ヴィダル的ではない地理概念
    5 ブローデル ―― 実際には 「不動」 ではない地理
    6 差異化する空間性原理のアプローチ
    7 ブローデルはなぜ、すぐれた地理学者なのか
    8 ブローデルの著作のなかで、 『フランスのアイデンティティ』 が提起する問題


    訳者あとがき
    参考文献
    ブローデルの著書
    ブローデル略歴
    著者紹介
    人名索引

    ページトップへ