〔学芸総合誌・季刊〕環――歴史・環境・文明 vol.61 第1期終刊号

価格: ¥3,960 (税込)
[ポイント還元 158ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

  • 菊大並製 440ページ
    ISBN-13: 9784865780284
    刊行日: 2015/05

15年にわたりますご愛顧、誠にありがとうございます! 本号をもって第?期終刊!

学問と芸術の総合をめざし、“歴史を問い直す”べく2000年1月に創刊いたしました学芸総合誌・季刊『環――歴史・環境・文明』は、本号『vol.61』を第?期最終号として、第?期を締めくくらせていただきます。15年にわたりますご愛顧、誠にありがとうございました。近くリニューアル第?期創刊のご案内ができますよう、鋭意準備いたしてまいりますので、引き続き何卒よろしくお願いいたします。



目次


■■ 第Ⅰ期終刊 ■■
創業25周年・記念講演と対談
〈講演〉東アジアから世界を見る  高銀(小西明子訳)
〈対談〉東アジアの現在と未来  高銀小倉和夫(コーディネーター=木村知義)

〈創業25周年に想う――祝辞、メッセージから〉
〈挨拶〉世界に向けて発信していきたい  藤原良雄(藤原書店社主)
憂国の志情を抱いている志士  石牟礼道子
時代と闘うという姿勢  川勝平太
「根本」の宿る「本」  高銀(小西明子訳)
日本の人びとと私  エマニュエル・ル=ロワ=ラデュリ(浜名優美訳)
フランスと日本をつなぐ貴重な架け橋  アラン・コルバン(小倉孝誠訳)
「歴史」が占める特権的な位置  ミシェル・ペロー(持田明子訳)
未来にのしかかるリスクを超えて  ロベール・ボワイエ(山田鋭夫訳)
熱意ある、動じない人間  ダニー・ラフェリエール(立花英裕訳)
すぐれた文学をサポートする  ブルース・アレン
変革期に必要な「真面目な議論」  小倉和夫
日本の知的な財産を守る  青山やすし
石牟礼さんの作品に感動  黒田杏子
文明の根源的な意味を問う場  坂本直充
水俣には希望がある  加藤タケ子
歴史と文明の根底を見据える  山田鋭夫

----------------------------------------
----------------------------------------
〈シンポジウム〉今、なぜ石牟礼道子か
 第一部 私にとっての石牟礼道子
 第二部 パネルディスカッション
 池澤夏樹高橋源一郎町田康三砂ちづる (司会)栗原彬

----------------------------------------
〈シンポジウム〉なぜ今、移民問題か
 宮島喬石原進藤巻秀樹 鈴木江理子(コーディネーター)

----------------------------------------
山百合忌――鶴見和子さんを偲ぶ
 〈メッセージ〉鶴見俊輔篠田桃紅
 R・ドーア武者小路公秀澤地久枝
 上田敏金子兜太笠井賢一内山章子

----------------------------------------
----------------------------------------
〈小特集〉新しい社会運動に向けて
 〔『闘争の詩学』の著者、金明仁氏を囲んで〕 ■
 セウォル号事件と韓国民主主義の問題  金明仁
 『闘争の詩学』から考えること  四方田犬彦
 批評の公共性と運動性  佐藤泉

----------------------------------------
----------------------------------------
〈インタビュー〉風刺画誌『シャルリ・エブド』襲撃テロ事件は、なぜ起きたか
 〔話題作『ラディカリザシオン』著者、F・コスロカバール教授に聞く〕
 ファラド・コスロカバール(聞き手=池村俊郎)

----------------------------------------
〈インタビュー〉汝の食物を医薬とせよ
 井手教義(聞き手=編集長)

----------------------------------------
〈インタビュー〉私は食べ物で治します
 佐藤初女(聞き手=朴才暎 司会=編集長)

----------------------------------------
〈対談〉ちがう・かかわる・かわる 〔「こらーる岡山」の実践から〕
 大田堯山本昌知

----------------------------------------
----------------------------------------
フランス史の創造者、ミシュレ
〔L・フェーヴルの『フランス史の創造者ミシュレ』を読む〕
 大野一道

----------------------------------------
アルバニアが生んだ天才ヴァイオリニスト
テディ・パパヴラミ
 山内由紀子

----------------------------------------
希望を生み出すこと 〔水俣から考える〕
 坂本直充

蓬(よもぎ)文化と『苦海浄土』
 鈴木一策

----------------------------------------
----------------------------------------
震災・原発と野間宏
 システムに抗する文学の可能性  古川日出男
 除染から始まる復興 〔原発と野間宏〕  山田國廣

----------------------------------------
----------------------------------------
□□ 連載 □□
●ナダール――時代を「写した」男 8(最終回)
石井洋二郎 名士たちの饗宴

●伝承学素描 37(最終回)
能澤壽彦 戊辰戦争の長き影


金子兜太の句 日常
石牟礼道子の句 花びらの吐息

----------------------------------------
■学芸総合誌・季刊 『環 歴史・環境・文明』0~60号 総目次(2000.1~2015.1)

ページトップへ