地球温暖化は阻止できるか

価格: ¥3,080 (税込)
[ポイント還元 123ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

  • さがら邦夫編
  • 西澤潤一・序
  • A5判 264ページ
    ISBN-13: 9784894341135
    刊行日: 1998/12

「地球温暖化防止京都会議」は虚構だったのか?

通産省、気象庁から環境経済学、森林学、気候変動の専門家、及び環境NGOの実践家まで、15人の専門家が問題の最前線を語り激突。地球温暖化の真相と今後の展望を語る。



目次

   西澤潤一(岩手県立大学学長)
第1部 座談会
 「地球温暖化防止京都会議」とは何だったのか
  森島昭夫
   (上智大学法学部教授・地球環境戦略研究機関理事長)
  田中正之(東北大学大学院理学研究科教授)
  櫻井和人(通産省・環境立地局地球環境対策室長)
  (司会)さがら邦夫(ジャーナリスト)

第2部 インタヴュー 地球温暖化の最前線
1 地球の気候はどうなっているのか
   シミュレーションが予測する全地球の気候異変
    真鍋淑郎
      (地球変動研究所 地球フロンティア研究システム
地球温暖化予測研究領域長)
   異常気象とエルニーニョ現象
    松尾敬世(気象庁・気候海洋気象部海務課長)
2 森林はCOを吸収するのか
   北方森林は今やCOの放出源?
    福田正己(北海道大学 低温科学研究所教授)
   森林に依存する不可能な政府政策
    箕輪光博
      (東京大学大学院農学生命科学研究科・農学部教授)
3 地球温暖化防止に果たす市民の役割
    小倉正(熱帯林行動ネットワーク)
    小野寺ゆうり(地球の友ジャパン)
    竹村英明(前グリーンピース・ジャパン)
    畑 直之(気候ネットワーク)
    平田仁子(気候ネットワーク)
4 「自然と人間の共生」を柱とする経済システム改革
    植田和弘
     (京都大学大学院経済学研究科・経済学部教授)

ページトップへ