森崎和江コレクション 精神史の旅(全5巻) 1 産土

価格: ¥3,960 (税込)
[ポイント還元 158ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

  • 森崎和江
  • 解説・姜 信子
  • 四六上製布クロス装 352ページ
    ISBN-13: 9784894346574
    刊行日: 2008/11
  • 全5巻を通して精神史を俯眼。画期的コレクション、発刊!

    1927年、日本の植民地であった朝鮮半島・慶州に生まれた森崎和江。“本虫”と呼ばれた少女時代、敗戦直前の日本への帰国、結婚と出産、そして詩誌『母音』での詩人・丸山豊との出会い……精神の誕生。

    月報:村瀬学 高橋勤 上野朱 松井理恵

    目次

    第1章 原郷・朝鮮とわが父母

    幼いころの母の記憶
    ひそかな田植え
    十四歳、 夏
    無言の交流

    詩を書きはじめた頃
    書物ばなれ
    風土の声と父の涙
    一度みた学校
    母のこと
    母のいけ花
    生きることは愛すること
    親へ詫びる
    米味噌 麦味噌
    海 へ
    わたしのかお
    二つのことば、 二つのこころ


    第2章 十七歳、 九州へ

    神話とふるさと
    「日本式共同体」 を越えたくて
    父の一言
    自分の時間
    青銅のマリア観音
    ひらかれた日々へ
    私を迎えてくれた九州
    なぐり書き
    思い出せないこと
    骨の灯し火
    白い帯
    手織り木綿
    般若を抱く人形
    先例のない娘の正体
    ちいさないわし
    ひとさじの粉


    第3章 戦後、 新たな旅立ち

    飛 翔 (詩)
    悲哀について (詩)
    ほねのおかあさん (詩)
    筑後川の夕陽
    詩人 丸山豊
    『母音』 のころ
    谷川雁への返信
    夜 霧
    女たちの戦後三十年と私
    冬晴れ
    ゆきくれ家族論
    産み、 生まれるいのち
    娘へおくるうた


    後 記
    あとがき
    解 説 (姜 信子)

    ページトップへ