石牟礼道子 詩文コレクション(全7巻) 7 母

価格: ¥2,420 (税込)
[ポイント還元 96ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

  • 石牟礼道子
  • 解説=米良美一
  • B6変上製 208ページ
    ISBN-13: 9784894346901
    刊行日: 2009/6

生命の原郷から奔出することばで「猫」「花」「渚」「色」「音」「父」「母」の主題を奏でる石牟礼文学のポリフォニー。

「大変詩的な文章は、まるで情感あふれる楽曲の名旋律のように、美しい抑揚を備えた音楽のフレーズのように、私を感じさせる」(米良美一)




目次

Ⅰ 母と過ごした日々

牛の睫毛
新年のにぎわい
節句と母の楽しみ
浄らかな汀と風のなかで
田園の即興詩人
父の生年月日は
遍路母娘ともう一人のわたし
三つ児の魂
熱い掌
清冽な村々の記憶
お団子歳時記
母の呼ぶ声
日向の匂い
わが本心を語るまいぞ
百姓の労苦と田園の美
「沖は風、 風」


Ⅱ 晩年の母

娘とひとつ心になって
告 白
死者たちから受けとるもの


Ⅲ 亡き母への鎮魂のために

天草気質
切腹いたしやす
くさぐさのお祭
いまわの際のその顔やよし

短 歌 (六首)


後 記
解 説 米良美一
あとがき 石牟礼道子
題 字 石牟礼道子
装 画 よしだみどり

ページトップへ