石牟礼道子 詩文コレクション(全7巻) 4 色

価格: ¥2,420 (税込)
[ポイント還元 96ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

  • 石牟礼道子
  • 解説=伊藤比呂美
  • B6変上製 208ページ
    ISBN-13: 9784894347243
    刊行日: 2010/1

生命の原郷から奔出することばで「猫」「花」「渚」「色」「音」「父」「母」の主題を奏でる石牟礼文学のポリフォニー。

 「何もかもが現実から遊離しているようで、遊離しながら、いやになまなましく、しかしそれが、どういうわけかゆがんでみえて、凄まじくて堪らない。」(伊藤比呂美)




目次

一 幼少期幻想の彩

蕾の紅
幼児幻想の色彩
雲の彩
赤い花と白い象
蓮の玉露
麦の芽の虹色

二 秘 色

後むきひがん花
紫色の神木
山の中の白い油徳利
緑の宮の川
小さな白い菊

三 浮き世の色々

草木染とかつおのたたき
青絵の飯茶碗
七夕飾りの色づくし
湯のみのはなやぎ
色の調べ
紅葉の夕ぐれ
袂に明滅するホタル
古裂の色調
土俗のエロス
むらのない染めの物語り
素足のなまめき


後 記
解 説   「異世界へ、 異世界から」 伊藤比呂美
あとがき 石牟礼道子

ページトップへ