ドストエフスキーとキリスト教――イエス主義・大地信仰・社会主義

価格: ¥6,050 (税込)
[ポイント還元 242ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

  • 清眞人 著
  • A5上製 480頁
    ISBN-13: 9784865780901
    刊行日: 2016/9

ドストエフスキーは、キリスト教に何を見出したのか?

好評を博した前著『聖書論??』で旧約・新約両聖書の構造を大胆に分析し、画期的かつ根源的なキリスト教観を提示した著者が、ドストエフスキー後期五大長編『罪と罰』『白痴』『悪霊』『未成年』『カラマーゾフの兄弟』に見られるキリスト教の思想的特質をあぶり出し、その独特のキリスト教解釈と文学との関係を解明する。


関連情報

【著者紹介】
●清眞人(きよし・まひと)
1949年生まれ、早稲田大学政経学部卒業、同大学院文学研究科哲学専攻・博士課程満期修了。元、近畿大学文芸学部教授。
本書に深く関連する著書としては、『《想像的人間》としてのニーチェ――実存分析的読解』晃洋書房、2005年。『遺産としての三木清』(共著)同時代社、2008年。『三島由紀夫におけるニーチェ――サルトル実存的精神分析を視点として』思潮社、2010年。『村上春樹の哲学ワールド――ニーチェ的長編四部作を読む』はるか書房、2011年。『サルトルの誕生――ニーチェの継承者にして対決者』藤原書店、2012年。『大地と十字架――探偵Lのニーチェ調書』思潮社、2013年。『聖書論ⅠⅡ』藤原書店、2015年。他多数。

*ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです

他にもこんな商品があります

高橋和巳論――宗教と文学の格闘的契り

¥6,820(税込)

数量:

フロムと神秘主義

¥6,050(税込)

数量:

聖書論 1 妬みの神と憐れみの神

¥4,620(税込)

数量:

聖書論 2 聖書批判史考――ニーチェ、フロイト、ユング、オットー、西田幾多郎

¥3,520(税込)

数量:

ページトップへ