アラブ革命はなぜ起きたか――デモグラフィーとデモクラシー

価格: ¥2,200 (税込)
[ポイント還元 88ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

  • エマニュエル・トッド 著
  • 石崎晴己 訳=解説
  • 四六上製 192頁
    ISBN-13: 9784894348202
    刊行日: 2011/9

トッドはアラブ革命も予言していた!

9・11から10年。これまで喧伝されてきた、「イスラームVS西洋近代」という虚像を覆す!
ソ連崩壊、米国衰退を予言したトッドは、「イスラームは近代とは相容れない」という欧米の通念に抗し、識字率・出生率・内婚率など人口動態(デモグラフィー)から、アラブ革命の根底にあったイスラーム圏で着実に進む近代化・民主化の動きを捉えていた!
特別附録「家族型の世界分布図」付

目次

本書誕生の経緯

第1章 アラブ革命は予見可能だったか?

アラブ革命とイラン革命 / 若者による街頭革命

第2章 識字率・出生率と民主化

識字率 / ビラの読み書きと政治参加 / 出生率

第3章 誤解されているイラン革命と現体制

アラブ圏に30年先行していたイラン革命
外的勢力にブレーキをかけられた民主化
単一でない民主化のプロセス / 家族内関係と社会的関係

第4章 イスラーム圏の内婚制と近代化

内婚率 / 父系内婚制と民主化 / チュニジアとエジプトの内婚率

第5章 トッドの手法  ―― 歴史家か、 人口統計学者か、 予言者か?

アナール派的長期分析による“予言” / 歴史家として

第6章 アラブ圏の民主化とフランス

フランスは何の脅威にも曝されていない
アルジェリア、 いささか無定形な社会
バーレーン、 サウディアラビア、 リビア

第7章 宗教は関与していない

イスラーム教で説明できないイスラーム世界 / シーア派とスンナ派
イスラーム脅威論という西欧の病い

第8章 老化という西欧の危機

宗教の消滅と社会の老化という危機 / イスラーム圏の内婚制

第9章 中国とロシアの民主化

中国とロシアの現状をどう見るか?
中国への過大評価とアラブ圏への過小評価
ブラック・アフリカの近代化

第10章 ドイツ  ―― 昨日はナチス、 今日はエゴイスト

ナチスを生んだドイツの家族構造
ヨーロッパ的態度が取れないドイツ

第11章 「民主化」 「進歩」 とは何か?  ―― 人類学的要因と外的要因

ロシアへの過小評価とドイツへの過大評価 / 家族システムの残存性
過大評価されてきた教会の役割 / 「進歩」 とは何か?

補 章 人口動態から見たアラブ革命

「文明の接近」 の始まりなのか? / 民主主義の普遍性と多様性
チュニジアの状況 ―― フランスの影響 / エジプトの状況
リビアの状況


〈附〉 トッド人類学入門 (石崎晴己)
訳者解説

他にもこんな商品があります

家族システムの起源 1 ユーラシア 上(全2分冊)

¥4,620(税込)

数量:

家族システムの起源 1 ユーラシア 下(全2分冊)

¥5,280(税込)

数量:

トッド自身を語る

¥2,420(税込)

数量:

不均衡という病――フランスの変容1980-2010

¥3,960(税込)

数量:

最後の転落――ソ連崩壊のシナリオ

¥3,520(税込)

数量:

自由貿易という幻想――リストとケインズから「保護貿易」を再考する

¥3,080(税込)

数量:

自由貿易は、民主主義を滅ぼす

¥3,080(税込)

数量:

デモクラシー以後――協調的「保護主義」の提唱

¥3,520(税込)

数量:

世界の多様性――家族構造と近代性

¥5,060(税込)

数量:

文明の接近――「イスラームvs西洋」の虚構

¥3,080(税込)

数量:

「帝国以後」と日本の選択

¥3,080(税込)

数量:

帝国以後――アメリカ・システムの崩壊

¥2,750(税込)

数量:

世界像革命――家族人類学の挑戦

¥3,080(税込)

数量:

移民の運命――同化か隔離か

¥6,380(税込)

数量:

経済幻想

¥3,520(税込)

数量:

新ヨーロッパ大全 1(全2分冊)

¥4,180(税込)

数量:

新ヨーロッパ大全 2(全2分冊)

¥5,170(税込)

数量:

ページトップへ