最後の転落――ソ連崩壊のシナリオ

価格: ¥3,520 (税込)
[ポイント還元 140ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

  • エマニュエル・トッド 著
  • 石崎晴己 監訳
    石崎晴己・中野茂 訳
  • 四六上製 496頁
    ISBN-13: 9784894348943
    刊行日: 2013/1

預言者トッドの出世作!

ソ連の崩壊、アメリカの金融破綻を預言したE・トッドの処女作の完訳!
'76年弱冠25歳にしてソ連の崩壊を、乳児死亡率の異常な増加に着目し、歴史人口学の手法を駆使して預言した書。本書は、'90年、ソ連崩壊1年前に新しく序文を附し、新版として刊行された書の完訳である。“なぜ、ソ連は崩壊したのか”という分析シナリオが明確に示されている名著の日本語訳決定版!

目次

 日本の読者へ〈インタビュー〉  (聞き手)I・フランドロワ
 フランス語新版への序(1990)

序 説 方法の問題 ――閉ざされた社会の研究
第1部 社会的自動進行過程
 第1章 長期的に見たスターリニズムの本質
 第2章 プロレタリアート独裁下のプロレタリアート
 第3章 ソヴィエト経済の成長の停止
 第4章 衛星国のテイクオフ
 第5章 やはり資本主義の勝利

第2部 選択と心性
 第6章 明晰だがファシスト的な支配階級
 第7章 大衆の絶望と逸脱
 第8章 抑圧システムの適用とその危機
 第9章 内では現状墨守、外には軍事的拡張
 第10章 改革か解体か
 第11章 西側の態度

■〈新版〉への付録
 1 ソ連、その現在の危機 ――死亡率に関する諸現象の分析による記述
 2 ソ連のアフガニスタン侵攻 ――最後の転落か?
 3 批評と解説

図表一覧
解説(石崎晴己)
原注

他にもこんな商品があります

家族システムの起源 1 ユーラシア 上(全2分冊)

¥4,620(税込)

数量:

家族システムの起源 1 ユーラシア 下(全2分冊)

¥5,280(税込)

数量:

トッド自身を語る

¥2,420(税込)

数量:

不均衡という病――フランスの変容1980-2010

¥3,960(税込)

数量:

自由貿易という幻想――リストとケインズから「保護貿易」を再考する

¥3,080(税込)

数量:

アラブ革命はなぜ起きたか――デモグラフィーとデモクラシー

¥2,200(税込)

数量:

自由貿易は、民主主義を滅ぼす

¥3,080(税込)

数量:

デモクラシー以後――協調的「保護主義」の提唱

¥3,520(税込)

数量:

世界の多様性――家族構造と近代性

¥5,060(税込)

数量:

文明の接近――「イスラームvs西洋」の虚構

¥3,080(税込)

数量:

「帝国以後」と日本の選択

¥3,080(税込)

数量:

帝国以後――アメリカ・システムの崩壊

¥2,750(税込)

数量:

世界像革命――家族人類学の挑戦

¥3,080(税込)

数量:

移民の運命――同化か隔離か

¥6,380(税込)

数量:

経済幻想

¥3,520(税込)

数量:

新ヨーロッパ大全 1(全2分冊)

¥4,180(税込)

数量:

新ヨーロッパ大全 2(全2分冊)

¥5,170(税込)

数量:

ページトップへ